2011年03月11日

一流を極めし人の共通点:質問

 こんばんは、クリアビジョンの上野です!


 今日も一日いろんな学びがありました。
 毎日、新しい出会いや、以前に出会った人との関係が深まったりと
 ご縁に恵まれております。全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。



 そんな学びや気づきの中で久しぶりに一流を極めし人の共通点を書きますね。


 
 全ての人は選択しています。


 ・行くべきか?行かないべきか?

 

 ・好きか?嫌いか?



 ・楽しいか?楽しくないか?



 ・信じるか?信じないか?



 ・上か?下か?

 

 ・前へ進むか?立ち止まるか?



 ・YESか?NO?か?



 ・やるか?やらないか?



 ・将来の理想か?目先の損得か?



 ・信条の実現か?自分のエゴか?



 ・決めるか?先に延ばすか?



 ・やる理由か?出来ない理由か?


 
 ・自己責任か?言い訳、他人のせいか?



 まだまだ沢山あると思うけど、
 一流を極めし人は、このような選択を分岐点に上昇を続ける
 のでしょう。



 ポイントは、一流を極めし人だけが、選択しているわけでは
 なく、「全ての人がやっている!」といこと、違いはきっと



 これらの選択をどのように選んでいるか?



 ここに共通点があるように思います。




 私は、まだまだ心の成長をしたい。そう思います!



 私が動き、私の周囲を様々な人や、様々な情報や、物や、状況が
 通過するけど、ひまわりが太陽に向かって精一杯伸びるように、
 

 心のアンテナを立てて、

 そのための前兆に気づき、選択して行きたいと思います。



 
 





 
posted by 上野良平 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 一流を極めし人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

一流を極めし人の共通点 愚痴を排除する

 こんにちは、クリアビジョンの上野です。

 今日は久しぶりに
 
 「一流を極めし人の共通点」です。



 とってもシンプルですが、さまざまな分野で一流を極めている人達で


 いつも口癖のように愚痴を言っている人って見た事ありますか?



 きっといないんですよね。


 例えば飲食業界のカリスマが
 「いや〜景気悪くってさ〜、国は税金ばっかりとってって、
  飲酒のとりしまり厳しくっても社会が悪いよね〜」


 とか、一流のスポーツ選手が
 「ここの競技場はスタッフの対応が悪いし、監督は理不尽
  なことばっかり言うし、気候のせいで身体だるいし〜」


 とか、一流のセールスパーソンが
 「上司が数字のことばっかり朝礼で言ってさ〜
  結局上司のせいでモチベーションが下がるんだよね〜」


 上司が悪い、部下が悪い、社会が悪い、時代が悪い、親が悪い
 嫁があいつが町がお客が・・・


 聞いているだけでわかるでしょ!これじゃダメだよねって



 そうです!一流の人は全てを自己責任と考えていて、周りに対する
 愚痴、ねたみ、恨みがないんです。



 きっと一流の人も昔からではなくて、何かをキッカケにこうなったんです。




 愚痴を何かに置き換えたんですよね。



 愚痴を何に置き換えたか?



 私が思うに
 
 愚痴を『感謝』に置き換えたのでは?って思ってます。




 さあ〜 愚痴を言う前に感謝してがんばろ〜っと





 
 


 
posted by 上野良平 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 一流を極めし人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

一流を極めし人の共通点「決断力」

 こんにちは、クリアビジョンの上野です。


 今日は一流を極めし人の共通点です。今日の共通点は


 「決断力」


 一流を極める人の共通点で必ずでてくるこの決断力。



 決断とは、

 選択肢が目の前に出てた時に、ズバッと決めることです。


 しかし、選択するものが大きかったり、経験が乏しいもの
 だと迷いますよね。




 その時の頭の中ではきっとこんな言葉が浮かんでいるでしょう。

 「どっちを選べば得するかな〜」

 「どっちが安全かな〜」

 「人にどう思われるかな〜」

 「出来るかな〜、出来ないかな〜」


 悩んで、迷う、そして先延ばしする・・・

 
 これが失敗者の原因!




 ではどうすれば、決断出来るのか?

 @目的に立ち返ること!

 本来、そのことの目的を考えることです。これで大抵はあっさり
 決断出来ます。

 私はコンサルタントとして、さまざまな局面で悩む方からの相談を
 受けます。


 そんな時は、必ずこう質問します。

 「(その議題もしくは問題の)目的はなんですか?」


 多くの場合は、選択肢のどちらかを選ぶことによって失うものに
 注目し、それに対する不安や恐怖、リスクが中心の考えになって
 います。


 そんな時、目的に立ち返ってもらうと、


 「目的?それは○○だよ。」

 
 「そうですか?それではどちらの選ぶべきですか?」

 とすると、答えはあっさり見えてきます。


 A自分の中に一本の指針を持っておくこと。


 自分はどんな生き方をしたい!とか、

 自分はこのために生きていくんだ!とか。


 しっかりとした指針(羅針盤)を持つことです。
 (ちなみにそんな想いから私のブログには羅針盤が載ってます)

 指針があれば、それを見て判断すれば良いだけです。



 決して難しくありません。



 自分の指針を持っていないといつも必ずふらふらしてしまいます。


 

 「人から見たら、変なこだわりを持ってるな〜」

 って思われるかもしれないし、その指針のせいで大変な方へ進むかも
 しれません。


 しかし、自分はこっちへ進むんだ!!


 と自分で決めた場合は、そこで起こった問題や、そこで陥った
 トラブルもきっと財産へと変わります。




 何にしても、自分でしっかり決める!


 これが未来を創るのでしょうね。





 私も自分を信じ、仲間を信じ、出会う人を信じ、



 恐れる事なく決断の毎日を送りたいを思います。



posted by 上野良平 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 一流を極めし人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする